高血圧症の治療薬としてミカルディスというものがあります。血圧を上昇させる体内物質の発生を阻害する作用と血管を広げる作用があります。これにより高血圧を治療するのです。正しいミカルディスの使用方法についてご紹介します。\n

手の平にある黄色の錠剤
更新履歴
    血圧を測定している医者

    ミカルディスとは高血圧の治療に用いられる降圧剤として名高いものです。
    腎臓のレニンーアンジオテンシン系に働きかけることによって血圧を低下させることができるというのがその特徴であり、それ以前からずっと用いられてきたカルシウム拮抗薬やβ遮断薬、利尿剤などとは異なるメカニズムで降圧作用を示します。
    腎臓の血圧調節系を介するということからその効果発現が遅いのではないかと考えられてしまいがちですが、その効果は速やかに発現します。
    レニンーアンジオテンシン系は恒常的に血圧調節にかかわっているものであり、アンジオテンシン受容体に生体内物質であるアンジオテンシンが結合することによって血管収縮が引き起こされて血圧が上昇します。
    このアンジオテンシン受容体に結合して阻害することにより血圧が上がってしまうことを抑制するという方法で降圧作用を示すのがミカルディスです。
    恒常的に利用されている血圧調節系であるからこそ速やかな効果を得ることができるのです。

    一方、ミカルディスには血圧降下作用だけではなく、臓器保護作用や糖尿病予防効果なども期待できることが明らかになってきています。
    これらの作用はアディポネクチンを脂肪細胞から分泌させることを介しているとされており、その作用自体は速やかに起こります。
    しかし、いずれも予防効果であることから実感することは難しく、効果が発現したタイミングを明確に測ることは難しいのが事実です。
    メカニズム上は飲み始めたらすぐにこの効果も発現していると考えられるものであり、血管や心臓などの各臓器を保護したり、糖尿病を予防したりするのにも目立ったタイムラグなく効果を発現しているとして支障はないでしょう。

    アーカイブ
      人気記事一覧
        サイト内検索
        最近の投稿